トップページ >  > 心疾患はサプリで原因を予防し改善!

心疾患はサプリで原因を予防し改善!

心疾患になる一番の原因を解決する成分とは?

日本人の死因第二位といわれる心疾患。ある日突然、心臓発作が起きてしまうイメージですが、実は喫煙者や、疲労やストレスを長い間我慢している人、中性脂肪の数値が高いまま放置している人がなりやすい病気です。

心疾患は遺伝的なものもありますが、後天性の場合は、中性脂肪や悪玉コレステロールの増加による生活習慣病が原因のことが多いです。 中性脂肪などが血液中に増えすぎると、血液がどろどろとにごった状態になり、さらに血管にも中性脂肪が付着して血流が悪くなります。

この状態を改善し、心疾患を予防するには、オメガ3系脂肪酸が効果的です。オメガ3系脂肪酸を一番豊富に含んでいるのは青魚の脂質です。この青魚の脂質DHA/EPAには、体内に入ると血液中に増えすぎた悪玉コレステロールや、中性脂肪を肝臓に運んで分解する手伝いをして、血液の流れをスムーズに保つ働きがあります。そのため、血管が詰まることで発症する心筋こうそくや脳こうそくといった血栓症や、動脈硬化の防止効果があります。

また、オメガ3系脂肪酸が豊富な青魚は食事だけではどうしても不足しがちなので、サプリメントで効率よく摂取するのがオススメ。日頃から血管内のドロドロ状態を改善してサラサラ状態をキープすることで心疾患の予防につながります。

心疾患のサプリに【DHA・EPAをオススメする3つの理由】

血管を詰まりを防ぐ

EPAには善玉コレステロールを増加させ、血管を広げ血行を促進する働きがあるので、血管を詰まりにくくします。

動脈硬化を予防

DHAには、血液内の中性脂肪の体外へ排出し、悪玉コレステロールを減らす働きがあるため、血管がドロドロになる原因を排除することで血栓症や動脈硬化の予防にも効果的です。

精神安定効果も!

また、DHAには脳の神経組織の働きを高める成分なので、過敏になった神経を正常に保ち、精神を安定させる作用もあるといわれています。ストレスなどが引き金となる心疾患予防に最適です。

血管を広げて血行促進がカギ!

心疾患の予防には、生活習慣やストレスから影響を最小限に留め、血液の循環が滞らない環境作りがかかせません。DHA・EPAにはそれらを正常にたもつ働きがあるため、信頼できるサプリを継続して摂取することで健康の維持・改善が期待できます。

心疾患にも安心のサプリ【小林製薬 DHA&EPA EX】

オメガ3系脂肪酸をバランスよく摂れるサプリを
医薬品メーカーが販売している小林製薬DHA&EPA EXは、豊富なDHA/EPAにα-リノレン酸やビタミンEなどのオメガ3系脂肪酸を配合したサプリメントです。電話で気軽に相談できる窓口を用意しており、製品に対しての疑問や普段飲んでいる薬との飲み合わせなど薬剤師やサプリメントアドバイザーに相談ができます。
小林製薬 DHA&EPA EX【公式ページはこちら】
心疾患の予防改善サプリとは?
心疾患を改善するサプリというのはありませんが、心疾患の原因となる血脂や、悪玉コレステロールの増加を阻止するためには、マグロ、イワシ、サンマなどの青魚に含まれているDHAやEPAが効果的です。